韓国料理の人気レシピを簡単に伝授!韓国家庭料理の味

安く簡単に作れる韓国の家庭料理を紹介します

韓国料理のチゲ、クッ、タン、チョンゴルの違い

韓国旅行に行ったら、旅行の楽しみの一つは食事ですよね。

韓国のスープ料理には、チゲ・クッ・タン・チョンゴルという、ぱっと見はどれも

同じような料理があります。

その違いは何かご存知ですか?

 

f:id:hangukyori:20160209164807j:plain

 

 

クッとは?

昔から使われている韓国語で、クンムル(具以外の汁)の短縮形です。

具は野菜や海藻などが入った物が多く、日本の汁・お吸い物にあたります。

味付けは、醤油・塩・味噌・唐辛子味噌(コチュジャン)など、あっさりした

スープが多いようです。

 

f:id:hangukyori:20160209164004j:plain

 

 

チゲとは?

クッよりもスープが濃く、肉や海鮮、野菜などの材料を入れ煮立たせた

味の濃い濃厚なスープを言います。一般的に味は辛いものが多いです。

 

f:id:hangukyori:20160209164030j:plain

 

 

タンとは?

漢字で湯と書きます。肉や骨を長時間煮出したスープをベースに、その中に肉や

野菜など材料をいれて軽く煮て食べる場合が多いようです。

半透明・白濁スープのものと、肉・魚・野菜をたっぷり入れた辛いスープがあります。

 

f:id:hangukyori:20160209164101j:plainf:id:hangukyori:20160209164049j:plain

 

 

チョンゴルとは?

チョンゴルとは漢字で煎骨と書き、鍋料理を指します。鍋に材料を盛って、テーブルの上で煮ながら食べる料理を言います。日本の鍋料理と同じようなものです。

ちなみに、チョンルの語源はモンゴルらしいですよ。

 

f:id:hangukyori:20160209164216j:plain

 

2月に入り、立春も過ぎ暦の上ではもう春ですが、実際はまだまだ寒い

寒中さなかです。暖かいスープで温まってください。