韓国料理の人気レシピを簡単に伝授!韓国家庭料理の味

安く簡単に作れる韓国の家庭料理を紹介します

ベランダで簡単に家庭菜園をする

つい1年前まで家庭菜園なんて全然興味がありませんでした。

わたくし買えばいいじゃん的な考えの持ち主でして・・・。

でも、買いたくても買えない、とか食べる頻度が高いから高く付く、とか

韓国料理を作ってると不経済なんです・笑

その国々で食材の値段も違うし、かと言って食材を簡単に手に入るもので

代用するのも、本場の味から遠のく感じがして嫌なんです。

 

ならば、自分で育ててみよう!と家庭菜園を始めました。

 

f:id:hangukyori:20160211114903j:plain

プランター菜園ってやつです。

ホームセンターでプランターと土と肥料と種、全部そろえてベランダにセット。

 

まず、初心者の私が手を出したのがベビーリーフです。

種をまいて水さえあげれば2週間もするとモシャモシャと

勝手に葉が大きくなります。3月になって暖かくなったらまた沢山撒きますよ~。

ちなみに、これら写真は去年のものです。

成長が嬉しすぎて毎日写真撮ってました・笑 

 

f:id:hangukyori:20160211115606j:plain

 

それから、ほんとにビックリ仰天したのが、サンチュです。

スーパー行くと、10枚で100円~150円で売ってますよね。

我が家は5歳の子供であろうと1人10枚は食べます。

焼肉した日には、50枚はあっと言う間になくなります・汗

それに、焼肉じゃなくてもサラダにしたり、ただご飯に撒いてサンパブにして

食べたり、ビビンバにしたり相当な消費量です。

ビーリーフ同様プランターにも育ててわんさか育ちましたが、全然消費量が

追いつかないので車で10分の所にある実家で、90歳になる超やり手農家だった

祖母に種の植え方、育て方を教わり、ダイソーで2袋108円で買った青チマサンチュ

と葉大根(ヨルム)を育てたところ・・・

 

f:id:hangukyori:20160211115653j:plain

 

DAISOすごいじゃーん状態です!!!!

3月に春撒きしたサンチュは7月まで元気にじゃんじゃん葉をつけ、

8・9月は暑さで育たないので一旦休憩、秋撒きで10月に再び種をまいて、

2週間くらいで再び食べときを迎え、これでもかって言う位

大きな葉をつけてくれました。秋撒きの種は、春撒きした時にサンチュが

最後に花を咲かせて種が出来るので、祖母がそれと取っておいてくれた物です。

真冬になると寒さで成長が遅くなりますが、こちら千葉県は関東でも比較的

暖かいので枯れる事なく葉をつけてくれました。

 

サンチュ栽培おすすめですよ。

虫もほとんどつかず、初心者にはおすすめ野菜です。

韓国料理に必須の葉野菜ですから、サニーレタスで代用より断然サンチュです。

今年は、えごまの葉を撒きたいと思います。