韓国料理の人気レシピを簡単に伝授!韓国家庭料理の味

安く簡単に作れる韓国の家庭料理を紹介します

くらげの和え物/ヘパリネンチェ<해파리냉채>

夏になると食欲がなくなりサッパリした物が恋しくなります。

そんな時にくらげの和え物をおかずにして食事をとります。

 

f:id:hangukyori:20160222091206j:plain

 

くらげの和え物と言うと中華のイメージがありますが、韓国でも食べられています。

からしソースでさっぱりと頂きます。

 

さっぱり食べれる

くらげの和え物/ヘパリネンチェです。

 

[材料]

くらげ 300g

えび 8尾

かにかま 3切れ

きゅうり 1/2本

■くらげ下味

酢 大さじ2

砂糖 大さじ1

■からしソース

酢 大さじ3

砂糖 大さじ2

塩 大さじ1/2~1/3

おろしにんにく 大さじ2/3

練りからし 大さじ2

ゴマ油 大さじ1/2

レモン汁(無い場合酢で代用) 大さじ1

醤油 大さじ1

※計量は計量スプーンではなく普通の大さじスプーンです

※計量カップは紙コップ=200ml

 

 

f:id:hangukyori:20160222092034j:plain

 

くらげばパッケージの表示通り水にさらして戻します。

 

f:id:hangukyori:20160222092248j:plain

 

からしソースを作ります。からしソースの調味料を混ぜ合わせます。

エビは生の場合、頭と背綿をとり茹でます。きゅうりは千切り、かにかまも

きゅうりに合わせて細く割きます。

 

f:id:hangukyori:20160222092555j:plain

 

くらげが戻ったら、くらげの下味を酢と砂糖でつけ20分おきます。

下味がついたくらげにえび・きゅうり・かにかま・混ぜたからしソースを

入れて混ぜたら完成です。

 

f:id:hangukyori:20160222091206j:plain

 

冬ももう終わりです。これから出番がたくさん出てきそうです。